収入とのバランスを考えよう!?家賃の重要性について

高額な家賃は生活を圧迫してしまう

賃貸住宅に住んでいる方、家賃と収入のバランスを考えていますか。中には、住環境は充実させたいから高い家賃の家に住んでいるという方もいるでしょう。もちろん、収入が十分にある方であれば問題はありません。しかし、分不相応の出費は避ける必要があります。家賃は固定費として必ず出ていく種類の費用です。もし、収入に比して高額の家賃の賃貸住宅に住んでいたならば、生活を圧迫してしまいます。そして、仮に支払えていたとしても、貯蓄に回すことができなくなってしまいます。

収入の3分の1が家賃の目安

そこで、一般的に収入の3分の1が、最適な家賃の目安と言われています。これであれば、必要な費用を一通り支払っても、お金に余裕ができます。もちろん、この数値は目安です。例えば交通費がかからないところに住んでいるのであれば、交通費相当分は上乗せしても良いでしょう。また、住宅補助費が出るという方も、余裕をもって賃貸住宅を選んでも問題ありません。大切なのは、自分の収入に合わせて、なるべく負担にならない家賃の賃貸住宅を選ぶという点にあります。

諸経費についても考えておこう

また、賃貸住宅を借りるうえで落とし穴となるのが諸経費です。例えば、管理費用や敷金が該当します。管理費用は毎月定額がとられるので、家賃と一緒に考えておく必要があります。そして、敷金は初めに大きな支払いが必要なので、事前に想定しておく必要があるでしょう。その他、メンテナンスにかかる費用がある場合には、あらかじめ余裕を持たせておいた方が、支払不能にならないのでおすすめです。以上の視点を判断要素に入れて、適切な家賃の賃貸住宅を選ぶようにしましょう。

札幌市白石区の賃貸マンションは、賃貸なので、一戸建てと比べて気軽に入居して暮らすことができる魅力があります。

後悔しないために!?ありがちな賃貸住宅選びの失敗について

失敗を知っておくことで次に生かせる

賃貸住宅探しで失敗した、という経験はないでしょうか。多くの人が一つや二つの経験があることでしょう。そこで、ありがちな失敗について解説していきます。これを知っておくことで、次に賃貸住宅を探す際にはミスを防ぐことができます。まずよくある失敗が、事前に条件を決めておかなかったことで起こる失敗です。これを決めていないと、不動産屋に行ってから慌てることとなってしまいます。そして、不動産屋にすすめられるがままに物件を決めてしまい後悔するという訳です。

不動産屋に行く前に決めておこう

もちろん、不動産屋にすすめたられた物件に満足しているのであれば良いのですが、中には不満を感じている方もいるでしょう。不動産屋は必ずしも良いからすすめるのではなく、空いているからすすめる場合もあるからです。これを避けるには、事前にしっかりとしたイメージを持ってから行くと良いでしょう。そうすると、不動産屋のすすめに心を揺さぶられることも少なくなりますし、本当にそれが良い物件なのかを冷静に判断することが可能となります。したがって、よく検討しておくべきなのです。

スーパーやコンビニが近くにある所を選ぼう

次によくあるのが、近隣にスーパーやコンビニがなくて生活に不便を感じているという失敗です。生活を送るうえで、必需品を購入する機会は割と多いです。それなのにお店が遠いと、不便だと感じることでしょう。もちろん、地方などでは車で移動することが前提でしょうから、このことは当てはまりません。しかし都市部では、車を使わない人も多いのでこの点が当てはまります。したがって、事前に検討する段階で、近隣にお店があるのかどうかについても、良く調べておきましょう。

江別市の賃貸マンションは、大きな地震にも耐えられる設計がしてあるので、大きな地震が起きた場合でも被害が少なく済むので安心です。

賃貸トラブル発生!知っていれば損をしない不動産の法律!

不動産の法律を覚えていればトラブルが起きても安心!

2年の賃貸借契約を結び、時が経って2年の満了日、大家さんから「契約が今日で切れたので今すぐに出ていってほしい」と言われてしまった!仕事が忙しくてすっかり契約満了の事を忘れていた!家も探していないし明日からどうしよう?!そんな状況になると本当に困りますよね。さらに別のケースとして、家を借りている期間中に大家さんの承諾を得て自腹でエアコンを取り付けたけれどまだ数年しか経っておらず、まだまだ使えるのにもったいない。でも仕方がないから置いて行くか・・・という経験をされた事はありませんか?不動産の法律を知っていれば損をせずに適切な行動できます!

基本的な不動産の法律を覚えて身を守ろう!

突然大家さんから「今日であなたとの賃貸借契約は終了したので出て行ってください。この契約書に書いてありますよね。」と言われた場合、どうしますか?すっかり忘れたいたとしたらその契約書の通りにするしかないと思うかもしれず、困り果てるかもしれません。しかしこの場合、もし大家さんの側で契約が解除される6ヶ月から1年前までに契約が終了することについて契約者に通知をしていなければ、いきなり退去するように言われても、「大家さん側が通知を忘れていたので引越し先を決めるまで待ってください」と主張する事ができます。またエアコン等を大家さんの同意のもとで設置したならば、家を出る際に造作買取請求権を行使して大家さんにエアコンを時価で買い取ってもらうという権利があるのです。こうした不動産の法律を知っているか否かで、身を守ったり、損をしない賢い賃貸ライフを送ることができるのです。

詳しく知りたいなら宅地建物取引士の資格に挑戦!

いま考えたケースはどれも宅地建物取引士試験を受験する際に学ぶ知識です。この試験は不動産に関する知識を大幅に広げることが出来るため非常に役立つ資格です。不動産に関わる権利問題や法令上の制限、税に関する知識や宅地建物取引業法、さらには土地や建物などの私たちの生活に欠かせない知識を広く取り入れることが出来るため勉強して損のない資格であるといえます。何か役立つ資格を取ってみたいとお考えであればこの宅地建物取引士資格をお勧めします。法律は覚えておいて損はありませんので、是非興味を持って色々な法律を調べてみるのはいかがですか?調べてみると面白い法律はたくさんあります。

函館市の賃貸マンションは、最新式のキッチンなどが取り付けられているので、毎日の家事も楽に行うことができます。

視野を広く持って!あなたに教えたい賃貸物件の探し方とは?

人気が高い物件がけっして住み易い物件とは限らない

田舎と言われていそうな地方から都市圏に引越しをされる場合は、全国的に知名度の高い地域にある賃貸物件を求めてしまう事がありますよね。実際に引越しをしてみた所、住みにくかったり、全国的に知名度が低くても住み易い賃貸物件があったりしますよ。全国的に有名な地域と言うのは、多くの人が求める可能性がありますよね。そのため、奪い合う競合が生まれ、部屋が狭く家賃が高くなってしまう可能性がありますよ。人が多く集まるため、車の通行量が多くなり、廃棄ガスが充満してしまうリスクもありますよね。

通勤が便利な地域がけっして住み易い物件とは限らない

通勤に便利な地域と言うのは、住み易い物件と言われる事もありますよね。それであれば、極端な話し仕事場の近所にある賃貸物件を借りれば通勤に便利と言えます。ただし、それであれば、プライベートと仕事を分けづらくなり、通勤が便利と言う事で残業などの仕事も任されるかもしれませんよ。定期代を支給してくれる会社であれば、定期券を利用できる範囲が狭くなってしまう可能性が高くありますよね。通勤などで鉄道などを利用する場合、座って通勤ができる場所にある賃貸物件であれば、寝ながら通勤できる可能性もありますよ。

駅から徒歩で近い物件が住み易い物件とは限らない

不動産会社は、賃貸物件を紹介する場合、駅から徒歩何分と言う表記で紹介をする事がありますよね。自転車では無く徒歩で表記するには、それなりに理由がありますよ。不動産会社の利益の多くは仲介手数料であり、その仲介手数料は家賃に対して金額が設定されます。不動産会社は利益を得るために少しでも高い賃貸料の物件を紹介したいと言う思いを持ち合わせていますよ。自転車で表記すれば、駅から遠くの安い賃貸物件でもそれほど時間を要する事が出来なくなり、駅前の家賃が高い賃貸物件を紹介しづらくなりますよね。つまり、徒歩での表記はあくまでも目安として考え、自転車などの利用についても考える事が大切です。

札幌の賃貸マンションを探しているのであれば、自分の欲しい物件を最初にイメージすることも大切です。具体的にイメージすることで、自分の理想に近いおすすめの物件を見つけることにつながります。

マンションに住みたいか、一軒家に住みたいか?

一軒家とマンションでは

マンションで生活する方がいい人と、一軒家で生活したい人はそれぞれ個性があっていいでしょう。マンションがいい、一軒家がいいというのはありますが、あくまでも判断するのは自分自身です。子どもの場合、マンションに住んでいると多少一軒家にもいいなと思ったり、興味を持って親にあの家に住みたいとおねだりしますよね。マンションは集合住宅ですが、色んな人と強調し合って生活する必要があります。マンションにはトラブルがつきものです。

マンションに付いているエレベーター

マンションは大勢の人が住んでいますよね。地上階に住んでいる人は階段でいけますが、最上階に住んでいる人の場合は階段で上がるのは時間掛かりますし、苦労します。歳を重ねるにつれて、体力低下も感じてしまいます。エレベーターは移動に便利ですが、地震などの災害に襲われると止まったり、閉じ込められたりする恐れがあります。マンションで生活するのは楽しいですが、良い事ばかりではないでしょう。災害だったり、近所トラブルによる不安は絶えないでしょう。

マンションで長く生活するために

マンションでもマイホームを購入する人はいます。そこで覚悟を決めて生活なり、仕事にもいい影響を与えられます。将来的に住みたい場所が出来たら、マイホーム購入していても気持ちが揺らぐ可能性もあります。一軒家に住んでいても、将来を考えてマンションに住み替える人もいるでしょう。マンションは中古でも、新築でも買えます。マンションに住んでいる人でも、賃貸から購入した人まで様々です。将来のお金の使い道を考えて、家は賃貸にしている場合がありますよね。

函館のマンションにはプレミストタワー函館五稜郭、函館MARKS/THETOWER、ワザック函館・五稜郭の3種類があります。

大都市型の居住環境として売り手も買い手も大歓迎である高層マンション!

大都市での職住接近を可能にする高層マンション

東京や大阪のような大都市圏でマンションが好まれるのは、マンションに住めば大都市の中心部にある職場との、職住接近が可能になるからです。用地面積の極めて限られている大都市圏では、敷地の占有率が高い一戸建て住宅を中心部に新築することは、至難のこととなっています。これに反して、高層住宅であるマンションは、敷地面積当たりの居住率が飛躍的に高く、用地効率が非常に良い住宅であるために、まさに用地の大幅な節約が可能な大都市向けの住宅として、その中心部に続々と建設されているのです。

高層マンションに住めば朝夕の通勤地獄から解放される

こうした大都市の中心部に建てられる高層マンションでの居住を望んでいるのが、その中心部に位置する職場に勤める人たちです。もしも、郊外に一戸建て住宅を購入して住めば、大都市中心部にある職場との間を、毎日、1時間以上もかけて満員電車に乗って朝夕の通勤をしなければならないからです。そんな生活を送るよりも、大都市の中心部に建つ高層マンションに住めば、職場まではわずかに何分といったことで、朝夕の通勤ラッシュ地獄のストレスから解放されるのですから。

大都市中心部に建てるにはうってつけの高層マンション

一方、こうした高層マンションを大都市の中心部に建設して販売する側にとっても、その用地利用効率の良さという点から、高層マンションというものは、まさに大都市中心部での住宅開発にはうってつけのものなのです。大都市中心部の限られた用地面積の上に高層マンションを建てることで、多数の個数を確保することができ、同じだけの個数を一戸建てで実現しようとすれば到底、不可能であるものを、高層マンションであれば大都市の真ん中で実現できてしまうのですから。

つくばのマンションでは、防犯セキュリティとして、テレビモニター付きインターホンがあるので、訪問者が来たときに訪問者の顔を確認することが可能です。