賃貸物件を探す前に知っておきたい名称の意味

ベランダとバルコニーの違い

インターネットで賃貸物件の間取りなどをチェックしていると、ベランダとかバルコニーという言葉が出てきますよね。そこで、ベランダとバルコニーの違いとは、一般的には部屋の窓から飛び出した部分で屋根がある場合がベランダで、部屋の窓から飛び出した部分で屋根がない場合にバルコニーと呼ぶことになっています。しかし、これらの名称にはそれほど明確な基準がないので、実際には内見をしたときに判断するということが大事になってきます。

マンションとアパートの違い

賃貸物件は大まかにマンションタイプかアパートタイプ、一軒家タイプに分けることができます。しかし、マンションとアパートについては、なかなか違いがわからないということがあるかもしれませんね。そこで、マンションに関しては、遮音や耐火が特徴の鉄筋コンクリート構造で、階数が3階以上ある建物であり、アパートに関しては、木造や軽量鉄骨の構造で3階未満の建物であることが多いといわれています。しかし、これらに関しても明確な基準はなく、あくまでも一般的な考え方ということになっています。

建物構造の名称の種類

賃貸物件の中にあ、耐震、遮音、断熱、耐火などの表記がしてあることがあります。もし、これらの表記があった場合は、これらの構造がどのような意味があるのかということを一度調べておく必要があります。例えば、音が気になる人は遮音がしっかりとしている賃貸物件を選んだ方がよいということになりますし、震災が気になるという人は耐震強度がしっかりとしている賃貸物件を選ぶなどの判断が必要になってきます。ただし、表記だけで安心するのではなく、どのような構造になっているのかということをチェックしておいた方がよいでしょう。

札幌の賃貸マンションは、最新式のキッチンが備え付けられているので、料理などの楽しみを広げることができます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。