リフォームとしての外壁塗装は見た目だけではない

外見が綺麗になるのは確か

外壁塗装は見た目がよくなります。綺麗な色になりますし、見た目ですぐに新しくしたことがわかります。やはり、外観がよくないのは恥ずかしいことがありますから、そうした点を気にしてやる人も多いです。色ですが、基本的には好きにしたらよいです。別に何色であろうとも問題がないです。目立つことが好きなのであれば、派手な色もありです。白や黒、茶、紺などの地味な色が多いですが、赤や青なども意外と多くやっている人がいる程です。

家を守ってくれることになる

外観だけの問題ではなく、しっかりと家の根本を守ってくれることでもあります。具体的にいいますと水から守ってくれます。これは木造であろうと鉄筋コンクリートであろうと同じことです。雨風から守る、と言う言葉がありますが、家自体も雨風には決して強くないです。その為、中に水分が入らないように外壁を塗装するわけです。罅割れることによって、そこから水分が入るので、定期的に塗り替えをするわけです。そうした利点もあります。

外壁を塗り替える間隔は

家の規模によって、外壁を塗り替える時期をよく考える必要があります。間隔としては、15年程度がよいです。10年経過した辺りから、罅割れることがあります。これは状況次第でもあります。例えば、海風がくるようなところでは、早く劣化がきます。山からの風も強く当たりますと、劣化に影響があります。場所によって、塗り替える間隔は違うことになります。自分で見て、判断をすることになります。10年が一つの基準になります。

アパート塗装なら千葉で施工品質に対して定評がある業者へ依頼することで、様々な要望への対応や高品質な仕上がりなどが期待できます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。