収入とのバランスを考えよう!?家賃の重要性について

高額な家賃は生活を圧迫してしまう

賃貸住宅に住んでいる方、家賃と収入のバランスを考えていますか。中には、住環境は充実させたいから高い家賃の家に住んでいるという方もいるでしょう。もちろん、収入が十分にある方であれば問題はありません。しかし、分不相応の出費は避ける必要があります。家賃は固定費として必ず出ていく種類の費用です。もし、収入に比して高額の家賃の賃貸住宅に住んでいたならば、生活を圧迫してしまいます。そして、仮に支払えていたとしても、貯蓄に回すことができなくなってしまいます。

収入の3分の1が家賃の目安

そこで、一般的に収入の3分の1が、最適な家賃の目安と言われています。これであれば、必要な費用を一通り支払っても、お金に余裕ができます。もちろん、この数値は目安です。例えば交通費がかからないところに住んでいるのであれば、交通費相当分は上乗せしても良いでしょう。また、住宅補助費が出るという方も、余裕をもって賃貸住宅を選んでも問題ありません。大切なのは、自分の収入に合わせて、なるべく負担にならない家賃の賃貸住宅を選ぶという点にあります。

諸経費についても考えておこう

また、賃貸住宅を借りるうえで落とし穴となるのが諸経費です。例えば、管理費用や敷金が該当します。管理費用は毎月定額がとられるので、家賃と一緒に考えておく必要があります。そして、敷金は初めに大きな支払いが必要なので、事前に想定しておく必要があるでしょう。その他、メンテナンスにかかる費用がある場合には、あらかじめ余裕を持たせておいた方が、支払不能にならないのでおすすめです。以上の視点を判断要素に入れて、適切な家賃の賃貸住宅を選ぶようにしましょう。

札幌市白石区の賃貸マンションは、賃貸なので、一戸建てと比べて気軽に入居して暮らすことができる魅力があります。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。