視野を広く持って!あなたに教えたい賃貸物件の探し方とは?

人気が高い物件がけっして住み易い物件とは限らない

田舎と言われていそうな地方から都市圏に引越しをされる場合は、全国的に知名度の高い地域にある賃貸物件を求めてしまう事がありますよね。実際に引越しをしてみた所、住みにくかったり、全国的に知名度が低くても住み易い賃貸物件があったりしますよ。全国的に有名な地域と言うのは、多くの人が求める可能性がありますよね。そのため、奪い合う競合が生まれ、部屋が狭く家賃が高くなってしまう可能性がありますよ。人が多く集まるため、車の通行量が多くなり、廃棄ガスが充満してしまうリスクもありますよね。

通勤が便利な地域がけっして住み易い物件とは限らない

通勤に便利な地域と言うのは、住み易い物件と言われる事もありますよね。それであれば、極端な話し仕事場の近所にある賃貸物件を借りれば通勤に便利と言えます。ただし、それであれば、プライベートと仕事を分けづらくなり、通勤が便利と言う事で残業などの仕事も任されるかもしれませんよ。定期代を支給してくれる会社であれば、定期券を利用できる範囲が狭くなってしまう可能性が高くありますよね。通勤などで鉄道などを利用する場合、座って通勤ができる場所にある賃貸物件であれば、寝ながら通勤できる可能性もありますよ。

駅から徒歩で近い物件が住み易い物件とは限らない

不動産会社は、賃貸物件を紹介する場合、駅から徒歩何分と言う表記で紹介をする事がありますよね。自転車では無く徒歩で表記するには、それなりに理由がありますよ。不動産会社の利益の多くは仲介手数料であり、その仲介手数料は家賃に対して金額が設定されます。不動産会社は利益を得るために少しでも高い賃貸料の物件を紹介したいと言う思いを持ち合わせていますよ。自転車で表記すれば、駅から遠くの安い賃貸物件でもそれほど時間を要する事が出来なくなり、駅前の家賃が高い賃貸物件を紹介しづらくなりますよね。つまり、徒歩での表記はあくまでも目安として考え、自転車などの利用についても考える事が大切です。

札幌の賃貸マンションを探しているのであれば、自分の欲しい物件を最初にイメージすることも大切です。具体的にイメージすることで、自分の理想に近いおすすめの物件を見つけることにつながります。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。