大都市型の居住環境として売り手も買い手も大歓迎である高層マンション!

大都市での職住接近を可能にする高層マンション

東京や大阪のような大都市圏でマンションが好まれるのは、マンションに住めば大都市の中心部にある職場との、職住接近が可能になるからです。用地面積の極めて限られている大都市圏では、敷地の占有率が高い一戸建て住宅を中心部に新築することは、至難のこととなっています。これに反して、高層住宅であるマンションは、敷地面積当たりの居住率が飛躍的に高く、用地効率が非常に良い住宅であるために、まさに用地の大幅な節約が可能な大都市向けの住宅として、その中心部に続々と建設されているのです。

高層マンションに住めば朝夕の通勤地獄から解放される

こうした大都市の中心部に建てられる高層マンションでの居住を望んでいるのが、その中心部に位置する職場に勤める人たちです。もしも、郊外に一戸建て住宅を購入して住めば、大都市中心部にある職場との間を、毎日、1時間以上もかけて満員電車に乗って朝夕の通勤をしなければならないからです。そんな生活を送るよりも、大都市の中心部に建つ高層マンションに住めば、職場まではわずかに何分といったことで、朝夕の通勤ラッシュ地獄のストレスから解放されるのですから。

大都市中心部に建てるにはうってつけの高層マンション

一方、こうした高層マンションを大都市の中心部に建設して販売する側にとっても、その用地利用効率の良さという点から、高層マンションというものは、まさに大都市中心部での住宅開発にはうってつけのものなのです。大都市中心部の限られた用地面積の上に高層マンションを建てることで、多数の個数を確保することができ、同じだけの個数を一戸建てで実現しようとすれば到底、不可能であるものを、高層マンションであれば大都市の真ん中で実現できてしまうのですから。

つくばのマンションでは、防犯セキュリティとして、テレビモニター付きインターホンがあるので、訪問者が来たときに訪問者の顔を確認することが可能です。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。