リフォームで外壁塗装!種類や塗装する目安は?

外壁塗装の種類はどんなものがある?

一番紫外線や雨の影響の大きい外壁はこまめに塗り直す必要が出てきます。とはいっても値段や耐用年数など様々でどんなものを選べばいいかわかりません。どんなものを基準に選べばいいのでしょうか。種類はアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料が主だったものです。値段はアクリルから順に高くなり、耐用年数も値段と共に高くなります。そして最近新しく発売されたラジカル塗料があります。耐用年数はシリコンとフッ素の中間ぐらいとなっていますが値段は安めでコストパフォーマンスの良いものです。近年はシリコン塗料が人気でしたが、耐用年数と値段の兼ね合いの良いラジカル塗料が注目され人気を集めています。

今人気のラジカル塗料とは

最近発売されて人気の上がっているラジカル塗料とはどんなものなのでしょう。ラジカルとは紫外線や水、酸素など劣化する因子を指します。これを制御する塗料をラジカル塗料と呼んでいます。言い換えるならばラジカル制御塗料ですね。価格帯がアクリル塗料でありながら、耐用年数が人気であったシリコン塗料の10~15年を超える機能を持っており、非常にコストパフォーマンスに優れています。また防水性、防かびなどの機能面はもちろん、色や艶も良く見た目の美しさも実現しています。

外壁塗装はいつ?セルフチェックしてみよう

一般に外壁の塗装の目安は10年前後と言われていますが、家の状態や気候の影響など様々な条件で外壁の劣化具合は変わります。自分で家の外壁がどうなっているのかチェックしてみましょう。劣化の浅い順に、1.新築時より色がくすんであせている、2.触ると手に塗料が付くチョーキングという現象が起きている、3.コーキング部分に弾力性がなくなり亀裂などがあり水がしみこみやすくなっている、4.外壁にコケやカビが生えている、5.外壁や目地にひびが入り塗装がはがれた状態になっている、という状態が起こります。塗り替えは早めの対処が大切ですので、4段階以前の状態で塗り替えを行うのが理想です。

外壁塗装を千葉では熟練の職人によって丁寧な施工が行われるので、非常に美しい外壁を仕上げることが出来ます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。